銀行でお金を借りる時に必要なものは?

MENU

銀行でお金を借りる時に必要なものは?

借り入れまでに時間がかかると考えられている銀行で、お金を借りる時に必要なものにはどんなものがあるでしょうか。ローンによって必要書類や提出書類は違ってきます。銀行によって違いが見つかることもあります。急いでいる時には少しでも準備するものが少ないほうが、手間だけでなく気持ちの上でも焦らなくて済むでしょう。

 

銀行のローンでも、住宅ローンとなるとやはり準備書類は多くなります。また事前審査と本審査で追加書類なども出てきますので、準備に多少なりとも時間はかかることを考えておきましょう。

 

銀行カードローンでは、多くの場合本人確認書類と収入証明書類が必要になります。ただし、収入証明書類は希望する限度額によって提出するかどうかが違ってきます。つまり、銀行が収入証明書を提出する金額を決めていますので、それを超える限度額を申し込むなら収入証明書が必要ということになります。

 

より早く借りたい時に準備をできるだけ少なくしたいのなら、収入証明書を提出する必要がない限度額にして申し込むというのも一つの方法です。ただし、銀行から提出するようにと指示が出た場合などは、提出しなくてもよい限度額で申し込みをしていたとしても準備しなければいけません。申し込み時点では準備してしまわなくてもよいですが、提出を求められた時にどうやって書類を入手するのかは考えておいたほうがよいでしょう。

 

カードローンでは必要書類はとても少なくなっています。準備をすばやく済ませて、より早く借りたい時には、目的ローンの代用として使うのもよいでしょう。目的ローンではお金の使いみちを証明する書類が必要ですので、その分の手間をカードローンなら省くことができるでしょう。